職業訓練校

【職業訓練校 (プログラマー養成科)】 14週目まとめ ~ PHP プログラミング実習・基礎 ~ 【習ったこと一覧】

こんにちは。yuki(@Ryuki_4648)です。

プログラマー養成科の職業訓練・14週目のまとめの「習ったこと一覧」の記事です。



▽ こちらの記事の続きになりす。

【職業訓練校 (プログラマー養成科)】 14週目まとめ ~ PHP プログラミング実習・基礎 ~ こんにちは。yuki(@Ryuki_4648)です。 プログラマー養成科の職業訓練・14週目のまとめです。 今週からPHPの授業が...



4.習ったこと一覧


PHPマニュアルを参照する

PHP関連で調べたいことは、基本的に個人ブログではなく、マニュアルで検索するようにしました。
ここでも主に公式のマニュアルを参考にしていこうと思います。




変数の書き方

PHP の変数は、$(ドル記号)の後に変数名が続く形式で表されます。

JavaScriptのようにlet ○○:、var △△;と書く必要がありません。




省略可能ないろいろ

ちなみにどちらの書き方でも処理速度にほとんど差はないそうです。




文字連結は「.」(ドット)で

JavaScriptでは文字列の連結は「+」でしていましたが、PHPでは「.」で行います。




オペランド?オペレーター?

オペレーター とは、演算子のことで、オペランドとは、演算子を使って計算されるもの(演算の対象となる被演算子)のことを指します。

2 + 3のばあい、「+」がオペレーター、2と3がオペランドになります。




変数のスコープに要注意

変数のスコープ=値が有効な”範囲” を理解する必要があります。

「同じ名前(変数)」でも、場所が違うと全くの別物になってしまうことがあります。

例えば同じ「前田、大島、篠田」でも、「広島東洋カープ」と「AKB48」では全くの別人になります。(この例えが正しいのかわからない)

idol-plus by YUKI WORKS Webデザイン・職業訓練校・プログラミングまとめブログ PHP授業まとめ




定数

大文字で名づけることが多いそうです。
使い方は変数と同じですが、上書きができません。

例えば、
const TAX = 0.08;のあとに、 TAX = 0.1;はできません。

また、同じ名前の変数は、別物として扱われます。
$TAX = 0.1;にすると前述した定数TAXとは区別されます。




論理演算子

「||」「or」「&&」「and」「!」などが演算子になります。




比較演算子 / 三項演算子

比較演算子を利用して様々な値を比較することができます。

もうひとつの条件演算子として “?:”(あるいは三項)演算子があります。




PHP比較演算子「==」と「===」の違い

比較演算子には、「==」と厳密な比較演算子である「===」とがあります。

1 === “1”
だと、値は同じですが「型」が異なるのでfalseの判定になります。
値も型も等しければtrueになります。

しかし、
1 == “1” の場合は
「値」が同じなのでtrueになります。

【PHP / JavaScript】==演算子と===演算子の違い ~等価演算子と厳密等価演算子~【やんわりメモ】 職業訓練校のPHPの授業内で、==演算子と===演算子が出てきました。 同じ式で、似たような記号なのに違う結果。 /...



print_r

指定した変数に関する情報を解りやすく出力することができます。

配列とオブジェクトの値を確認するのに使いました。

※echo、print、print_rの違いはきちんと理解できていないので割愛します。




var_dump

「変数の情報」を表示する関数のことです。

「値」、「変数の型やバイト数」などの詳細な情報が表示されます。
var_dumpを使って、エラーの個所を調べることもできます。




mt_randで乱数を生成

ランダムな値を作ることができます。

双六を作りたい場合は、mt_rand(1, 6)と書くと、1~6の間でランダムな整数値(int)が出力されます。

※マニュアルに「警告:この関数が生成する値は、暗号学的に安全ではありません。そのため・・・」とありますが、これは「法則性があり、完全なランダムではないので暗号に使うのは危険」という意味です。




continueとbreak

continueは、ループ構造において、現在の繰り返しループの残りの処理を「スキップ」することができます。

breakは、現在実行中の for, foreach, while, do-while, switch 構造の実行を「終了」します。

idol-plus by YUKI WORKS Webデザイン・職業訓練校・プログラミングまとめブログ PHP授業まとめ


グローバル/スーパーグローバル変数

グローバル変数を使うと、関数の外で定義した変数を、関数の中で使うことができます。






スタティック変数

関数の中でのみ有効なローカルスコープです。

はじめの1回のみ「初期化」されます。
二回目に呼び出されたとき、新たに上書きされることがありません。

また、全体のプログラムが終わるまで保存し続けます。




配列を作る

in_array
第1引数の値が第2引数の値の中にあるかどうかをtrue/falseで返します。

配列の取り出し方jsと同じで、numArray[0]のように書きます。




配列の要素数を返すcount

要素数を知りたいものを引数(パラメータ)として渡します。

※JavaScriptではnumArray.lengthのようにlengthプロパティを使って要素数を調べていました。




値渡しと参照渡し

変数の参照渡しはややこしそうですが、きちんと理解しておかないとよくわからなくなりそう。

値渡し:新たにメモリの領域を確保して値を「コピー」

参照渡し:値をコピーせず、変数への「参照」を渡します。同じ変数とみなすことができるため、関数内部で仮引数に代入すると、「呼び出し元の変数」まで変更されます。




switsh

値によって処理を分岐することができます。




implode

配列を結合させて1つの変数として返します。




可変変数

これを使うと変数名を動的に変更できます。

$$nogizakaとすると、[元の$nogizakaに入っていた値]を名前にした変数を作成できます。




無名関数

名前を定めない関数です。




エスケープシーケンス




エンティティ変換(★大事)

HTMLに用いられる文字列には「>」や「<」、「'」「"」などの「特殊文字」があります。
OSやWebブラウザによっては正しく表示できないものも含みます。

特殊文字をHTML上にそのまま出力すると、文字化けを起こしたりレイアウト崩れが起こる 場合があります。

そのため必要に応じてエンティティ変換を行うことがあります。




正規表現(沼)

十分沼なのに、さらに沼になります。”正規表現”が登場しました。
初見なので手探りでがんばります。

正規表現を使うと、たくさんの文章の中から容易に見つけたい文字列を検索することができます。(でも今のところありがたみがよくわからない)

(書くの疲れたので)正規表現は別記事でまとめようと思います。


▽ 授業ではこの2つのサイトをよく参考にしました




ほかに習ったこと一覧

ページが重くなるのでざっとリストにしました。

  • ヒアドキュメント
  • パディング指定子:足りない分を補う
  • フォーマット文字列 printf
  • strlen, mb_strlen:文字列の長さを取得する
  • mb_strpos: 文字列の中に指定した文字列が最初に現れる位置を見つける
  •   


▽ 元の記事に戻る場合はこちらへ

【職業訓練校 (プログラマー養成科)】 14週目まとめ ~ PHP プログラミング実習・基礎 ~ こんにちは。yuki(@Ryuki_4648)です。 プログラマー養成科の職業訓練・14週目のまとめです。 今週からPHPの授業が...