MySQL

【MySQL】バーチャー型とチャー(キャラ)型の違いメモ

こんにちは。yuki(@Ryuki_4648)です。


職業訓練校の授業で習った

MySQLのバーチャー型とチャー(キャラ)型

についてのメモです。



バーチャー型

バーチャー(VARCHAR)型

  • 可変長文字列のこと
  • CHARACTER VARYINGの略。
  • VARCHAR(○○):○○はバイト数。0から最大65,535バイトまで。
  • メリット:指定したバイト数分だけがメモリの格納されるため、効率がよい。ディスクスペースを最小限に抑えられる。
  • デメリット:文字数が値ごとに異なるため、処理が遅くなる。
  •   


idol-plus 職業訓練校・Webデザインまとめブログ データベースMySQL バーチャー型 チャー型 まとめの図


チャー(キャラ)型

チャー/キャラ(CHAR)型

  • 固定長文字列のこと
  • CHARACTERの略。
  • CHAR(○○):○○は格納される文字数を表し、0~255の数字が入る。
  • CHAR(10)だと、常に10文字分格納される。
  • ハードディスク上に、”指定した文字分”の容量を確保する
  • 指定した文字数以下の文字を入力した場合、スペースを付け加え、指定した長さの文字列として格納される
  • メリット:きちんと文字数が固定されているため、余分な動作がなく、処理が速い。
  • デメリット:スペースを埋め、必ず固定長のサイズが確保されるので、無駄な領域が増える。メモリを圧迫する。
  •   


idol-plus 職業訓練校・Webデザインまとめブログ データベースMySQL バーチャー型 チャー型 まとめの図